最初で最後のいえづくり。その記録、その後の住み心地、などなど…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by わんゎん
 
[スポンサー広告
無垢フローリングの隙間
家を建てるにあたり、私達夫婦の間で、
無垢の床は譲れないものでした。
もともと私はオーク(ナラ)が希望だったのですが、
予算の関係で、パインに変更。
それでも幅が広めのものに出来たことと、
少しダークに塗って頂いたことで、
私のちょっと苦手なカントリーっぽさが軽減したと思います。

さて、今日は、無垢床材収縮について。

家が着工したのは5月、完成したのが8月。
今、初めての冬が終わろうとしているわけです。

寒くなって蓄熱暖房をつけたことで、
ただでさえ乾燥しがちなこの季節、
家の中はさらに乾燥気味に。
梁が収縮して、漆喰にあちらこちらでヒビが入りました。
過去記事はこちら☆

これは春か、1年点検の際に補修していただけるとのこと。
現在は放置しています。

床も無垢材である以上、収縮はするはず。
よく、隙間が空くとかネットで読んでいたので、
どんな感じなんだろうとちょっと期待していました。


2月現在の1階リビングの床の様子…

蓄熱前の床3mm引き 

上にチラリと写っているのが蓄熱暖房
そのすぐ前、おそらく一番乾燥するのでは?という場所。

UPにしてみましょう。

蓄熱前の床3mm 

3mmは開いてます。
こうしてみると、結構開いてるんだなぁ…
普段あまり思わないのですが。
昔は、無垢材の床に隙間が出来ると聞いて、
床下が見えちゃうイメージでした(笑)。
でももちろんそんなことはなく。

蓄熱前の床1mm引き 

こちらは同じように蓄熱暖房の前の別の列。

テレビ前の床1mm弱 

こちらは1mm弱しか開いてません。
というより、完成後ほとんど変わっていないということかも。
全体に均等に隙間が開くのではなく、
場所によってかなりまちまちですね。


テレビ前の床2mm 

これはリビングのテレビボードの前。
蓄熱暖房からは少し離れますが、
リビングダイニングはつながっているので、
同じ空間です。

ここも、見たところ2mmくらいが最大、
開いていないところは全く開いてない感じでした。
それどころか、若干盛り上がってるところも!!
写真がうまく撮れなかったのですが、
隙間が開くところがあれば、
あおりを受けて(?)盛り上がっちゃうところもあるんですね…
隙間は湿度が上がる季節になれば閉じていくと思うんですが、
盛り上がったところは元に戻るのかしら?
なぞです。


蓄熱暖房付近  

ちなみに、これは蓄熱暖房を設置しているカウンター。
壁との間が…

蓄熱暖房横の壁 

開いてます(笑)。
ここもかなりの熱でもんね。


隙間が開いてるからといって、
隙間風が入ってくるわけでもないので、
生活になんら支障はないのですが、
気になる方は気になるのかな?
これがクレームになるのであれば、
やはり無垢材はお勧めできないかも。
ちなみにパイン材は柔らかいので、
入居半年でキズ入りまくりです。
それも私達は覚悟していたので何を今更、ですが、
やっぱりキズはいや、という方もいらっしゃるでしょう。
そういう方は、広葉樹の床材か、
コーティングされたものの方がいいのかも。

何を求めるかって人それぞれ。
我が家は無垢の柱、無垢の床がいいと思ったけど、
みんながそうとは限らないし。
やっぱり自分がどんな家を建てたいのか、
はっきりとしたものがあれば、
納得の出来る家を建てられるのではないかなと思います。
なんかちょっとエラそう…??


さて、隙間についての私の小さな疑問。

今、隙間に入ってしまって取れなくなった、子供の食べこぼし。
隙間が閉じたらどうなるのかしら…
熟成されて、また来年の冬に出てくるのか…??
それも…おもしろいかも(爆)!



シンボルツリー、オリーブかシマトネリコか… 
      
悩む!悩む!悩む~!!

こちらも参加してみました。
にほんブログ村。
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメントもお気軽に♪


スポンサーサイト
Posted by わんゎん
comment:2   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)]  thema:家作り日記 - genre:ライフ
自然素材のメリットとデメリット。
我が家の壁は、以前にも記事にしましたが、
漆喰の塗り壁と、紙クロス漆喰塗料。
その、漆喰の壁のその後です。

PB152324.jpg 

こんな風になっています。
これはリビングの化粧梁。
漆喰が梁に引っ張られて浮いてしまっている状態?かな?

PB152326.jpg 

これはリビング~階段部分の天井。
やはりピシピシとヒビが入っております。

他にも数箇所、ピシピシと。
段々乾燥してきて、柱や梁が収縮し、
そのせいであちらこちらでこんな風になっているようです。
最近、蓄熱も入れましたし、
これからもう少しヒビが大きくなるかもしれませんね。
梁自身が割れているようなところはないのですが。

ちなみに、紙クロス漆喰塗料のほうは、
こんなふうにはほとんどなっていません。
まれに、天井と壁の境目にヒビのようなものが入っていますが、
基本、きれいなものです。


我が家は構造材(柱や梁)も無垢材を使っています。
集成材より収縮率は大きいため、
このようにヒビも入りやすく、大きいのだと思います。
集成材+ビニールクロスだったらこんなことにはならなかったでしょう。

ただ、私たちは『無垢材を使うんじゃなかった…』
と思っているわけではありません。
構造材に無垢を使うということも、
家を建てるにあたって、譲れない部分でした。

無垢材は反ったりするからよくないですよ』
『強度が集成材より落ちますよ』

そういわれるメーカーさんもありました。
それも間違いとは言えないと思うのです。

無垢材だってピンからキリまであるでしょうし、
その中にはひどいものだってあるかもしれません。
乾燥が不十分だったり、乾燥の仕方が悪いと駄目らしいですし。
ただ、集成材も同じだと思うのです。
やはりピンからキリまであって、
年月が経つと接着面が剥離してくるような物もあるかもしれない。
素晴らしいものもあるかもしれない。

私たちが、色々調べて、柱と梁と床は無垢がいい、
だからキチンと見る目がある工務店さんに頼みたい、
そう思ったからそういう会社を探しただけのこと。
そして結果として間違ってなかったと思います。

人によって考え方も違えば、価値観も違う、
どんな建材にもメリットとデメリットがあって、
どのメリットを選んで、どのデメリットを受け入れるか。
それを自分たちで納得できていればいいと思うのです。

漆喰の壁のヒビも、一冬越えて、
木材の収縮が落ち着いたら全て補修して頂くことになっています。
だから今はまだ放置プレイ(笑)。

こんなヒビ、許せない!
と思う方は無垢材+漆喰は絶対お勧めできないし、
そういうデメリットも理解のうえで、
素材を決めていかなくてはいけないな~と思うのでした。
無垢材を嫌がるメーカーさんは、
やはりクレームが多いという話もされていました。
(それは床材の話ですが)
短所もしっかり勉強しておかないと、
住んでからがっかりするのはイヤですもんね。
住む本人が一番気持ちよく過ごせるということが大事ですもん。

ちなみに、よく聞く、
『無垢の柱や梁がバキッ!という音をたてる』
という話。
私は聞いたことがありません。
梁自身にヒビがないことも考えると、
やっぱりちゃんとした乾燥材だったのだわ~
と思っているのですが。
間違いかしら。

ヒビがどうしてもイヤで、でも無垢の構造材!
って思うなら、紙クロス+水性塗料がよいのでは?
素人考えですが、いかがでしょうか。



何か熱く語ってしまったかも。
 
ウザかったらすみません。
そして間違ってたらごめんなさい。

こちらも参加してみました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 
コメントもお気軽に♪





Posted by わんゎん
comment:0   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)]  thema:家づくり日記 - genre:ライフ
漆喰の塗り壁と紙クロス
家を建てる時に、最初から希望していたこと。

無垢の床、漆喰の壁、瓦屋根。
全部希望をかなえました。

が、壁だけは実は少し違います。

全部漆喰の壁にしたかったのですが、
予算的なこともあり、紙クロスも使用することに。
漆喰を希望した理由は、
主に有機溶剤を使いたくないということだったので、
必ずしも漆喰じゃなくともよいかと思って…

当初の予定ではウッドチップペーパーという壁紙。
この壁紙は、再生紙と木のチップで作られているエコな素材だそう。
この紙の上に水性塗料を塗って仕上る予定でした。
ところが、着工後、『いいのがありました!』と工務店さん。

画用紙のように厚いドイツの壁紙の上に、
オーストリアの漆喰塗料を塗ると!
その漆喰塗料は、リビングなどに使用する漆喰と同じように、
調湿や消臭などの効果もあり!
もちろん、漆喰の塗り壁は糊などは一切含まず、
100%無機質ですが、塗料となると違います。
でもにおいもなく、漆喰の壁と遜色なし♪

PA292120.jpg 

我が家の場合、洗面所と和室以外の1階部分が漆喰塗り、
その他2階も含めて紙クロス漆喰塗料です。
ちょうど、階段の壁で2つを見比べることが出来るのですが、
はっきり言って、ほとんど違いは分かりません。
ウッドチップペーパーだと、凹凸があるので、
どうしても違いが際立ってしまうのです。
部屋単位で違っても全く気にならないのでしょうけど、
こういう風に境目が分かりやすいところは、
気になる人は気になるかもしれませんね。
どちらがよかったのかは分かりませんが、
わたし的には漆喰塗料、大正解でした♪

漆喰塗りのよい点、不便な点は、

●調湿・消臭効果が高い。
●穴をあけたり欠けたりしても補修可能。
●質感が素朴で雰囲気がよい。
●汚れたらサンドペーパーなどで削る。
●雑巾などで拭くことは出来ない。
●子供が触ったりして床に粉が落ちる…


紙クロス漆喰塗料の場合は、

●調湿・消臭効果あり。
●穴をあけたらあいたまま。
●質感はフラットでマットな感じ。
●汚れても雑巾で拭くことが出来る。
●数回上から塗り直しが出来る。

こんな感じでしょうか。
雑巾でゴシゴシできる点は紙クロスがかなりポイント高し。
三男に落書きされたところもキレイになりました。
正直、全部漆喰塗料でもよかったかなと思うことも。
でも塗り壁にしかない微妙な陰影というか、
雰囲気はやはりステキなので、
パブリックな部分に漆喰、
プライベートな部分に紙クロス
この選択でよかったのかな~と思います。

どこかで塗料に色をつけて、
一部着色してもらおうかと思いましたが、
面倒になって全部白に(笑)。
もしチャレンジするなら二階トイレの一面を、
ちょっとグレーがかったラベンダー(分かります?)にしたかった!
ま、しょせんビビリなので無難な白で。

ま、いつかどうしてもやりたくなったら考えます。


新築のおうちの匂い。 
 
接着剤の匂いがしないってスバラシイ。

こちらも参加してみました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 
コメントもお気軽に♪


Posted by わんゎん
comment:0   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)]  thema:家づくり日記 - genre:ライフ
漆喰の壁が…(泣)
引越しして1週間経った頃でしょうか…


やってくれましたよ、我が長男。

P9011573.jpg 

床に落ちている、白いもの…

粉と呼ぶにはあまりにも大きな、
そう、それは漆喰のカケラ…

カケラ?

そう、カケラがあるということは、
どこかの漆喰が…

P9011574.jpg 

はい、欠けてます…

ここ、ダイニングのキッチンの対面カウンターの角です。
リビングからものすごぉく、よく見えます。

いや、やるとは思っていましたよ。
やんちゃ盛りの男の子3人。
絶対に無垢の床には傷が付き、
漆喰の壁には穴が…とまではいかなくても、
落書き、もしくは引っかき傷はいくだろうと。

ただ、1週間でやられるとは…

まだ片付けさえ終わっていないのに…


扇風機をね、派手に倒したのです。
そしたら角にガツンと当たったのです。
そしたらポロポロと崩れたのです。


はぁ……


思わず、写メ撮って、工務店さんにメールしましたよ。
そしたらありがたいことに、

『近々左官屋さん連れて行きますね~』

ですと。
ありがたや~ありがたや。

補修用の漆喰はもちろんあるのですが、
コーナーをうまく補修する自信はないので、
ここは専門家にお任せを。

実は、結構色々と気になるところもありまして。
手直ししていただければな~と思っています。

外構もそろそろ打ち合わせしたいしね。
毎朝毎夕、学生にガン見されてるんで。



カーテン無しでは生活不可能でした。
  
夏休み中にカーテン付いてよかったよ。


こちらも参加してみました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
クリックして下さるととってもハッピー。


Posted by わんゎん
comment:0   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)]  thema:インテリア - genre:ライフ
床はフレンチパイン。
週末、家族全員でおうちの現場に行ってきました。
 
だんだん家っぽくなってきた我が家を見るのは楽しいです。
この日は、左官屋さんが外壁の漆喰を塗る準備を、
大工さんがフローリングを貼っているところでした。
 
P6120871.jpg  
 
ここは二階の子供部屋の窓際。
窓際に少しだけ貼られていたフローリングの上に乗って
うれしそうな三男
ご丁寧に、靴は脱いでおります。
 
このフローリング、フレンチパインだそうです。
最初、オークのフローリングにしたかった私。
でもお値段がちょっと可愛くなくて、敢え無く断念
パインのカントリーな雰囲気がちょっと苦手だったのですが、
フレンチパインを塗装してもらったサンプルが
思ったよりカントリーではなかったので、
それに決定したのでした。
ちょっとダークな茶色にして、可愛すぎないように…
 
足触りはやわらかいし、
子供たちがはだしで走り回るにはきっと最適なはず。 

もちろんキズはあっという間にたくさんつけられるんだろうけど…
無垢の床なら、それもまあ、味ということで。
何より、梅雨時期に裸足で歩いたときのあのジメジメ感、
あれがなくなると良いなあ。

 
P6120876.jpg  
 
 
階段がつく予定の場所。
まだはしごで二階に上がります。
   
天井にもセルロースファイバーが施工されました。
250mmですって~。
この日、暑かったんですが、中は涼しかったです。
   
住み始めたらどうなのかしら。
一番暑い盛りは過ぎてからの引越しになりそうだけど、
残暑は厳しいだろうから、ちょっと楽しみ
 
見えないところがどんな風に出来ているのか、
見られるというのは楽しいです。
 
 
 
上棟から三週間でここまで出来ちゃうんですね~。
てか上棟日の一日でなんかものすごく出来た気になってましたが(笑)。
これだけたくさんの材料を間違えずにどんどん組み立てていく大工さん…
尊敬します。
うちの長男&次男、すでに端材をもらってきて、
じいじと工作してました。
船を作っていたようですが、どうせならおうち作ればいいのに。
夏休みの工作は、ミニチュア版の我が家かしら??
 
今週はお天気が悪そうだけど、工事は進みま~す。
 
 
 
 
 
Posted by わんゎん
comment:0   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。