最初で最後のいえづくり。その記録、その後の住み心地、などなど…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by わんゎん
 
[スポンサー広告
漆喰の塗り壁と紙クロス
家を建てる時に、最初から希望していたこと。

無垢の床、漆喰の壁、瓦屋根。
全部希望をかなえました。

が、壁だけは実は少し違います。

全部漆喰の壁にしたかったのですが、
予算的なこともあり、紙クロスも使用することに。
漆喰を希望した理由は、
主に有機溶剤を使いたくないということだったので、
必ずしも漆喰じゃなくともよいかと思って…

当初の予定ではウッドチップペーパーという壁紙。
この壁紙は、再生紙と木のチップで作られているエコな素材だそう。
この紙の上に水性塗料を塗って仕上る予定でした。
ところが、着工後、『いいのがありました!』と工務店さん。

画用紙のように厚いドイツの壁紙の上に、
オーストリアの漆喰塗料を塗ると!
その漆喰塗料は、リビングなどに使用する漆喰と同じように、
調湿や消臭などの効果もあり!
もちろん、漆喰の塗り壁は糊などは一切含まず、
100%無機質ですが、塗料となると違います。
でもにおいもなく、漆喰の壁と遜色なし♪

PA292120.jpg 

我が家の場合、洗面所と和室以外の1階部分が漆喰塗り、
その他2階も含めて紙クロス漆喰塗料です。
ちょうど、階段の壁で2つを見比べることが出来るのですが、
はっきり言って、ほとんど違いは分かりません。
ウッドチップペーパーだと、凹凸があるので、
どうしても違いが際立ってしまうのです。
部屋単位で違っても全く気にならないのでしょうけど、
こういう風に境目が分かりやすいところは、
気になる人は気になるかもしれませんね。
どちらがよかったのかは分かりませんが、
わたし的には漆喰塗料、大正解でした♪

漆喰塗りのよい点、不便な点は、

●調湿・消臭効果が高い。
●穴をあけたり欠けたりしても補修可能。
●質感が素朴で雰囲気がよい。
●汚れたらサンドペーパーなどで削る。
●雑巾などで拭くことは出来ない。
●子供が触ったりして床に粉が落ちる…


紙クロス漆喰塗料の場合は、

●調湿・消臭効果あり。
●穴をあけたらあいたまま。
●質感はフラットでマットな感じ。
●汚れても雑巾で拭くことが出来る。
●数回上から塗り直しが出来る。

こんな感じでしょうか。
雑巾でゴシゴシできる点は紙クロスがかなりポイント高し。
三男に落書きされたところもキレイになりました。
正直、全部漆喰塗料でもよかったかなと思うことも。
でも塗り壁にしかない微妙な陰影というか、
雰囲気はやはりステキなので、
パブリックな部分に漆喰、
プライベートな部分に紙クロス
この選択でよかったのかな~と思います。

どこかで塗料に色をつけて、
一部着色してもらおうかと思いましたが、
面倒になって全部白に(笑)。
もしチャレンジするなら二階トイレの一面を、
ちょっとグレーがかったラベンダー(分かります?)にしたかった!
ま、しょせんビビリなので無難な白で。

ま、いつかどうしてもやりたくなったら考えます。


新築のおうちの匂い。 
 
接着剤の匂いがしないってスバラシイ。

こちらも参加してみました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 
コメントもお気軽に♪


関連記事
スポンサーサイト
Posted by わんゎん
comment:0   trackback:0
[内装(壁・天井・床…)]  thema:家づくり日記 - genre:ライフ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://inainaiwanwan.blog129.fc2.com/tb.php/97-9d50839c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。